ラーメンもいいけど味噌もおすすめしたい! 福島県喜多方の味噌蔵のご紹介

みなさん、残暑お見舞い申し上げます。
お盆はいかがお過ごしでしたでしょうか(*^^)?

私は新盆ということもありまして、福島へ行ってまいりました。

御先祖様に手を合わせにいくお盆時期は、自分のことや家族のことを振り返る貴重な期間に。
ぜひ行けなかった方も心の中で手を合わせてみてくださいね。

帰省中に福島の味噌蔵さんへ行ってきましたので、シェアしたいと思います!

ラーメンだけではなく、味噌もおすすめ!
伊藤金四郎商店さん

福島県喜多方市は、
周りを2000mを超える飯豊連峰に囲まれ、万年雪から湧き出る良質な飯豊山の伏流水を利用した、おいしい米と大豆がとれます。

その会津米・米麹・国産大豆・天日塩を使って、昔ながらの伝統の味を守り続ける伊藤金四郎商店さんに行ってきました!

 

中に入ると・・・漬けてあるお味噌から

 

醤油が入っている樽

 

会津みその法被が展示されています。
数え切れない程の賞状もあり驚きました!

伊藤金四郎商店さん こだわりの手造り味噌

特選みその西玉。
自慢の会津米を使用し、従来の会津味噌よりも米麹を入れることでマイルドなお味噌に仕上げています。

全て手造りで作っているため、少量生産で味噌を販売しているとのことでした。


少量生産の中でもさらに特別限定品の酵母仕込みそ。

 

特選味噌とどう違うのかをお伺いしたら、
大豆の皮を一粒ずつ剥いているのだそうです・・・!

大豆に皮は舌触りがよくないことや、えぐみが含まれています。
それを取り除くことによって、極上の味噌になるのだと!

加えて喜多方の豊かな自然の中で育った会津米に米麹。
手作りでじっくり長期熟成されたこだわり抜いたお味噌です。

手間暇をかけたお味噌はどんな味がするのか・・・?

絶対に美味しいに違いないと即決でお土産購入致しました!!
お味噌のレポートできたらと想うので、また更新しますね。

その他のお土産におすすめなものは?

個人的に気になったのは、会津ならではの
三五八(さごはち)漬け


塩3、麹5、蒸米8の割合で混ぜることから『三五八』という名前が付けられたそうです。

夏にはきゅうり・なす
冬にはかぶ・大根に漬けると美味しいと教えていただきました!

店頭には、ゆず三五八漬けと柿三五八漬けがあります。

選ぶのにおすすめなのが、
野菜・・・ゆず
肉魚・・・柿

特に肉魚に柿三五八で漬けると、フルーティーで美味しくなるそうですよ♪

しかし今回は、大量のきゅうりが家にあるため、ゆず三五八を購入です。


左側が特選味噌
右側がゆず三五八漬けです!

 

その後も伊藤金四郎商店さんのご主人、伊藤さんのお話しを伺うことができましたので、また次回に詳しく更新させていただきます!

自給自足の理想的な学校給食のお話しをお伺いできたので、楽しみにしていてください♪

ご主人の伊藤さんと! ご本人は写真の100倍ダンディーな方です!

 

最後に・・・
伊藤金四郎商店さんのお店の情報

お店名 (株)伊藤金四郎商店
住所 〒966-0861 福島県喜多方市寺町 福島県喜多方市字寺町4747
電話番号 0241-22-1515
メールアドレス nisitama@akina.ne.jp
詳細HP http://www.aizumiso.jp/list_03.php

 

FMきたかたセレクトショップにて伊藤金四郎商店さんの商品のネット販売もしていますので、気になる方はぜひお問い合わせ下さい♪

 

大丘ひかりの “ ピカッと ” 団欒グループページ!

 

一緒に優食団欒ログを盛り上げ、支えてくれる仲間を募集中!!

↓↓詳細が気になる方は下の画像をクリック↓↓

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

田舎に学ぶ、理想的な食育の形とは?